CITP(認定情報技術者)資格を取ろう ~目指せITスキル標準レベル4以上~
 
【講 師】
情報処理学会(IPS) 資格制度運営委員長 芝田 晃 氏・事務局長 木下 泰三 氏

【芝田 晃 氏 略 歴】
1978年 3月 東京大学大学院工学系研究科情報工学専門課程修了(工学修士)
1978年 4月 三菱電機(株)入社、基本ソフトウェア開発を担当
2009年 4月 情報処理学会にて高度IT人材資格(現CITP)の制度設計を開始
2014年 6月 情報処理学会 個人認証審査委員会 委員長
2016年 6月 情報処理学会 資格制度運営委員会 委員長

事務局長 木下 泰三 氏

       【木下 泰三 氏 略 歴】
        1981年 日立製作所 中央研究所入社
        2002年 中央研究所 企画室長、マルチメディア研究部長
        2004年 ワイヤレスインフォベンチャーカンパニー長
        2013年 通信ネットワーク事業部 事業主管
        2015年 IoT ビジネス推進統括本部 事業主管
        2017年 情報処理学会 事務局長
【講演内容】
 IoT、AI、ビッグデータ、ロボットなど新しい技術を活用したイノベーションにより、産業界は第4次産業革命とも言われる変革期を迎えています。
こうした潮流の中で、ICT業界には、変革をリードしていく中核的な役割が期待されています。特に、業界を支えるICT人材への求められるスキルは、技術知識、プロジェクト経験、リーダシップ、取り纏め力など多岐に渡って来ています。
 情報処理学会は、社会ニーズに応える意味で技術者がプロフェッショナルとして能力を向上させるため、資格制度の充実と、技術者の交流、教育・人材育成活動を行っています。
CITP(認定情報技術者)資格は、ITSS(ITスキル標準)レベル4以上の能力を認証します。即ち今、IT分野での大きな潮流となっているビッグデータ、AI人工知能、ロボットや、IoTの最新のビジネスに直接役に立つ、ITコア基盤技術を身につける事が可能になります。
 今回この内容説明が中心ですが、皆さんが高度技術者として認められるためのチャレンジに活用して頂くことを狙いにしています。

働楽研究塾への参加希望の方は、下記よりお願いします。

お問い合わせはこちら