研究塾の様子1 研究塾の様子2 研究塾の様子3

“働楽研究塾”は2004年1月から原則毎月1回のペースで開催しています。
社員が最高の技術レベルで自信をもって職務に取組めるよう、最先端の技術動向などを研究しています。
大学教授や社内外の専門家・一流技術者の方が講師を務め、非常に聴き応えのある内容です。

なぜ、トップレベルの方から学ぶのか?なぜ、最先端の技術にこだわるのか?
それは、日本のトップレベルと最先端技術を肌で感じることで大きな刺激を受け「自分もあのレベルに一歩でも近づきたい」という励みになって欲しいという思いからです。
その道を極めた人は、仕事への卓越した取組み姿勢や考え方、技術の限界を突破した際の苦闘のエピソードを持っておられます。若い社員にとって、このようなお話に早いうちから触れることは、その後の「技術屋人生」の大きな指針になると考えます。

また、この働楽研究塾は社員だけではなく、大学・専門学校生や他社の方も参加しています。
技術研修の一環として、また、社会貢献の一環として「働楽研究塾」を無料解放していますので、ご興味のある方、ぜひご参加下さい。

研究塾へのご参加希望される方はお問い合わせの『働楽研究塾への参加希望』からお申込みください。

働楽研究塾

【テーマ】
模倣から生み出すビジネスモデル・イノベーション ~偉大なる会社はマネから生まれる~
【講 師】
早稲田大学 商学学術院 教授・産学官研究推進センター副センター長・インキュベーション推進室長 井上 達彦 氏

【テーマ】
アドラーに学ぶ職場コミュニケーションの心理学
【講 師】
株式会社小倉広事務所 代表取締役 小倉 広 氏

【テーマ】
目の前に迫る大地震に備えて ~今、私たちがしておくべきこと~
【講 師】
東京消防庁 前 防災部長 関 政彦 氏

【テーマ】
ビッグデータを用いたAIビジネスの活用事例 ~現役データサイエンティストによる最先端の動向と活用事例を紹介~
【講 師】
DATUM STUDIO 株式会社 取締役 里 洋平 氏

【テーマ】
目的達成の原則と意思決定法 ~目標達成へと信念を持って導く~
【講 師】
株式会社船井総合研究所 HRDコンサルティング事業本部 上席コンサルタント 工藤 健治 氏

【テーマ】
CITP(認定情報技術者)資格を取ろう ~目指せITスキル標準レベル4以上~
【講 師】
情報処理学会(IPS) 資格制度運営委員長 芝田 晃 氏・事務局長 木下 泰三 氏

【テーマ】
新規事業で成功するためのPDCA
【講 師】
トライオン 株式会社 代表取締役 三木 雄信 氏

【テーマ】
今人類が辿りついたサイバー文明とリアル社会 ~大きな時代の変化 脇役が主役に~
【講 師】
東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授 江崎 浩 氏


Start typing and press Enter to search